ハラルについて

イスラム教は7世紀初頭、アラビア半島のメッカに住んでいたムハンマドが大天使ガブリエルを通して神から啓示を授かり、創唱布教した宗教です。

「イスラム」とは「神に帰依する者」を意味し、イスラム教徒の呼称「ムスリム」とは「神に帰依したもの」を意味します。

聖典であるコーランには6信5行が書かれてり、守らなければならないこと、行われなければならないことが書かれてあります。

 

      • ハラルとは?

        • 安心・安全基準・情報開示・トレーサビリティシステム
        • イスラム教の教えに基づき「合法的なもの」、「許されたもの」を意味する
        • ムスリムの生活全般に関係している

         

        イスラム教によるハラルの基本

        • アルコールと豚肉はノン・ハラル(ハラム)
        • 健康的なものをたべること
        • 疑わしいもの(シュブハ)は避けた方がよい
        • ハラルとノン・ハラルのものを混在させてはいけない

        ※宗派や国、個人によって異なります。

     


    • ノン・ハラル(ハラム)な動物

      • 基本的にイスラム教式によって屠畜されていない動物、有毒なもの、健康を害するようなもの
      • イスラム教で殺すことを禁止されている動物(例:キツツキ、蜂…)
      • かぎ爪のある・捕食をする鳥(例:フクロウ、鷹、ワシ…)

       

      

    ※宗派や国、個人によって異なります。

     

     

error: Content is protected !!