認定までの流れ

about mpja

以下が、食品・化粧品の製造会社へのハラル認証の流れとなります。この流れは、マレーシア・イスラム開発庁(JAKIM)とインドネシア・ウラマー評議会(MUI)の認証プロセスを踏襲するものです。

MPJAの最大の強みは、業界最高水準のハラル認証基準にあります。マレーシア、インドネシア、タイへの輸出に際しては、既に多くの認証実績を積んでいます。

MPJAのハラル認証基準は、イスラム世界で最も厳しいとされるマレーシアの政府系ハラル認証機関「マレーシア·イスラム開発庁(JAKIM)」と、世界最大のイスラム教徒人口を持つインドネシアのハラル認証機関「インドネシア・ウラマー評議会(MUI)※」による公式の認可(相互認証)を得ています。よって「JAKIM」と「MUI」が定めたハラル基準に準拠したスタンダード、すなわち国際レベルの認証基準といえます。同時にMPJAのハラル認証マークはマレーシア、インドネシア、タイでも有効です。

取り扱い分野は「食品」「飲料」のみならず、「食品原料」「食品添加物」「化粧品」「化粧品原料」「サプリメント」「酵母」「ミネラル原料」「化学品」など極めて多岐に渡ります。

about mpja

about mpja

ページの先頭へ